矯正歯科・マウスピース治療|市原市辰巳台のクニモト歯科

矯正歯科・マウスピース治療

きれいに整ってしっかり咬める口元に

「前歯が前に突き出ている」「歯がデコボコに生えている」「しっかり咬めない」といった歯並び・咬み合わせのお悩みはありませんか? 歯並びや咬み合わせの乱れは、矯正治療・マウスピース治療で改善できます。歯並び・咬み合わせが気になる方は、市原市辰巳台の歯医者「クニモト歯科」まで一度ご相談ください。

矯正歯科

歯並びや咬み合わせが気になったことはありませんか? 「歯と歯の間に隙間がある」「咬み心地が悪い気がする」といったお悩みは、矯正治療で解決できます。矯正治療では、歯の見た目が美しくなるのはもちろん、上下の歯でしっかり咬むことができるため身体の調子や顔の表情まで変わってくるのです。

80歳で20本以上の歯を残す「8020運動」を達成された方の多くは、咬み合わせに問題がないとの報告もあります。生涯健康な歯を保つためにも、歯並びや咬み合わせがとても重要であることがわかりますね。歯並びや咬み合わせが気になる方は一度当院までご相談ください。

矯正することのメリット
虫歯や歯周病が予防できる 歯がデコボコに生えているとブラッシングがしにくく、磨き残しから虫歯や歯周病になってしまうことがあります。歯並びを整えることで隅々までブラッシングできるようになり、虫歯や歯周病になりにくくなります。
顔のゆがみが治る 咬み合わせが悪いと食べ物を咬む時に上下の顎がしっかり咬み合わずズレた状態で咬んでしまいます。この状態が続くと顔がゆがんだり口が曲がってしまったりしてしまいます。咬み合わせを整えることで、輪郭を正常に戻すことができます。
消化不良が解消する きちんと咬めないと食べ物を丸飲みしてしまい、それが消化機能に負担をかけてしまいます。咬み合わせを整えることでしっかり咬めるようになり、消化不良も解消できます。
肩こりが解消する 咬み合わせが乱れていると体全体のバランスが悪くなり、顔や首周辺の筋肉、顎の骨の偏った箇所に負担がかかり、肩こりを招きます。咬み合わせが改善することで、肩こりも自然と解消します。
気持ちが前向きになれる 歯並びが改善することで口元に自信が持てるようになり、笑顔も自然に明るくなります。
歯並びの乱れが全身に及ぼす影響
  • 歯と歯の間から空気が漏れてしまい、発音がきちんとできない。
  • 上下の歯で食べ物を咬むことができず、おかしな食べ方になる。
  • 咬み合わせがおかしいことで、顔がゆがんだり、顎が変形したりする。
  • ブラッシングがしにくく、虫歯や歯周病などになりやすい。
  • 肩こりや身体のゆがみが起きやすい。
お子さんの矯正メニュー、大人の矯正メニュー
お子さんの矯正メニュー

顎の骨が柔らかく柔軟なお子さんのうちから矯正治療を行うことで、歯を抜かずに自然に歯並びを整えられる可能性が高くなります。

お子さんの矯正では、顎の成長に合わせてできる「床矯正」をおすすめしています。床矯正はマウスピース型の矯正装置をお口に入れて顎の骨を広げることで、歯が生えそろうスペースを確保する方法です。歯を抜くことなく、自然な形で歯並びを整えていくことができます。

床矯正は10歳を過ぎると治療が難しくなってしまうことがあります。お子さんの歯並びが気になりはじめたら、早めにご相談ください。

大人の矯正メニュー
メタルブラケット 金属製の矯正装置です。比較的安価であり、すぐれた効果を期待できます。ただし装置が目立ちやすいというデメリットがあります。
クリアブラケット ブラケット(歯に付ける留め具)部分が透明なため、メタルブラケットより目立ちにくくなっています。効果はメタルブラケットと同等です。
クリアアライナー マウスピース型の矯正装置です。透明な装置なので装着していることが気づかれにくく、取り外しが可能なので食事やブラッシングが楽にできます。
症例紹介
MFT

定期検診にて歯みがきの練習やフッ素塗布をするために来院。この時は特に問題はありませんでした。「グラグラの乳歯がある」とのことで次に来院された時問題が発覚。前歯が全然咬み合っていませんでした。原因を突き止め、歯並びを自然に治す治療を行いました。現在、経過は良好です。

部分矯正

11月頃、下の永久歯が生えてきましたが、変なところから出てきてしまいました。来春の卒園式、入学式までに歯並びを治したいとのことだったので、翌年の3月までに部分矯正でここまで改善しました。

全顎矯正:ケース1

八重歯が気になるとのことで来院。予定より早く改善しました。金具を外した直後です。この状態から歯のクリーニングで仕上げます。

全顎矯正:ケース2

金具のない矯正「マウスピース矯正」は当院でも大好評です。このケースの女の子も友人に気づかれることなく矯正が終わりました。

歯牙移動

「被せていた歯(銀歯など)が取れた」と来院。通常は虫歯が進行し以前の歯の状態と比べ悪くなっているので抜歯になることも多いのですが、矯正治療で歯を引っ張り出すことによって再度その歯を利用できるようにしました。

マウスピース

寝ている時に歯ぎしりや食いしばりをしていることはありませんか? 睡眠中のためご自分で気づくことは難しいですが、家族や友人から指摘されてわかることはあるかと思います。

こんなことありませんか?

以下のような症状があるのは、歯ぎしりが原因かもしれません。

歯ぎしりをすると起きる問題

歯ぎしりは無意識のなかで行ってしまう生理的な現象です。しかし、歯ぎしりは普段の何倍もの力で強く咬むため、実は様々な問題が生じてしまいます。

  • 歯が摩耗してしまう
  • 歯が欠けてしまう
  • 歯周病ではないのに、歯がグラグラになってしまう。

無意識に行ってしまう歯ぎしりは、歯並びや咬み合わせを整えることによって改善する場合があります。

歯ぎしりを治すメリット
歯へのダメージが解消する 歯に過剰な負担がかからなくなるため、歯への余計なダメージが解消されます。歯だけでなく歯ぐきや顎の骨などの歯周組織にも負担をかけません。
原因不明の身体の不調が改善する 歯ぎしりによって咬み合わせがズレることで全身のバランスが乱れ、首や肩、腰などに大きな負担がかかり、頭痛や肩こり・首のこり、腰痛、耳鳴り、めまい、睡眠障害、粘膜を咬むことによる口内炎などが起こることがあります。歯ぎしりを改善することでこれら身体の不調が改善される場合があります。
若々しい顔立ちになる 歯ぎしりをし続けると顎に過剰な負担がかかり、顔がゆがんだり口が曲がってしまったりと顔貌が変形してしまうことがあります。そうすると、老けて見えてしまいます。歯ぎしりを改善することでこれらが解消され、シワや頬のたるみなどが目立たない若々しい顔立ちに。
当院の治療法

当院では、「バイトストリップス」「T-Scan」を用いて診査・診断を行い、マウスピース型の装置「ナイトガード」を用いた治療を行っています。お口のお悩みがあればお気軽にご相談ください。

バイトストリップス 睡眠時の歯ぎしりや食いしばりの程度を調べることができる装置です。入院せずに調べることができます。
T-Scan 患者様の咬み合わせの状態をコンピューターで分析できる装置です。咬み合わせのバランスや咬む位置を正確に把握できます。このデータを元に作製した、咬み合わせの高さや面積を調整した義歯や補綴(ほてつ)物を装着することで、正しい咬み合わせに導くことができます。なお、定期的に使用することで咬み合わせの変化を確認でき、咬み癖のチェックに利用することも可能です。
ナイトガード 睡眠時にお口に装着して歯ぎしりから歯を守る装置です。歯ぎしり特有の音を遮断するだけではなく、歯の摩耗も防ぎます。