入れ歯・義歯|市原市辰巳台のクニモト歯科

入れ歯・義歯

失った歯を取り戻す治療

失った歯をそのままにしていませんか? 放置していると隣の歯が傾いてきたり咬み合っていた歯が伸びてきたりして咬み合わせのバランスを崩れてしまい、お口全体に影響を及ぼしてしまいます。歯を失ってしまったら、なるべく早く歯を補う治療を行うことが大切です。

市原市辰巳台の歯医者「クニモト歯科」では、入れ歯・義歯治療を行っています。歯を失ってお困りの方はぜひ一度ご相談ください。

しっかりお口に合った入れ歯を

虫歯や歯周病、事故・ケガなどで歯を失ってしまった場合に、歯を補う方法としてインプラント、入れ歯、ブリッジがあります。その中でもっともポピュラーなのが、入れ歯です。入れ歯はインプラントのように手術の必要がなく、比較的短期間で咬める歯を手に入れることができます。

当院では、患者様のご要望や口腔内の状態、ご予算などに応じて最適な入れ歯をご提案しています。今使っている入れ歯が「合わない」という方に対しては、入れ歯の修理にも対応しています。

歯がない箇所があったり、合わない入れ歯を使っていたりしては、上手く咬めず生活にも支障をきたします。美味しく食事ができず、楽しくおしゃべりができない毎日では、ストレスがたまってしまうでしょう。

当院では、患者さんのお口に合ったしっかりと咬める入れ歯をご提供していますので、お気軽にご相談ください。

保険診療と自費診療の入れ歯の違い

入れ歯は保険適用のものと自費のものから選択することができます。保険適用の入れ歯は安価で作ることができる反面、樹脂製の厚みのある素材を使うため咬む機能や見た目がやや劣る場合があります。

一方、自費診療の入れ歯は、様々な種類の素材や作製方法の中から患者様に合ったものを選択でき、よりしっかり咬めて見た目が自然な入れ歯を作ることができます。ただし保険適用の入れ歯に比べて、3~5倍もの時間がかかったり、費用負担が大きくなったりしてしまいます。

当院では、保険・自費を問わず患者様一人ひとりのお口にぴったり合った入れ歯をご提案しています。入れ歯ごとの特徴やメリット・デメリットをお伝えした上で最適な入れ歯を作製できるようサポートしますので、ぜひご相談ください。

当院での取り扱い入れ歯

レジン床義歯

保険適用の入れ歯です。床部分に歯科用プラスチックを使っています。装着方法は簡単で、メインテナンスがしやすく扱いやすい素材です。

【価格】保険適用

金属床義歯

顎に当たる床の部分が金属でできた入れ歯です。薄く作ることができるため、食べ物の温度を感じやすく食事を楽しめます。強度が高く丈夫で壊れにくいため、長く使うことができます。

【価格】チタン床 300,000円(税抜)、コバルトクロム床 200,000円(税抜)

ノンクラスプデンチャー

金属のバネがなくナイロン素材を改良した特殊な素材で作製された入れ歯です。歯ぐきにぴったりフィットして支えるため、周囲の歯に負担をかけることもありません。見た目も自然で入れ歯を装着していることを気づかれにくいです。

【価格】80,000円~(税抜)

コーヌスクローネデンチャー

バネを使わず摩擦の力を利用して入れ歯を固定します。外れにくくとても自然な咬み心地が得られます。痛みがなく装着感も優れており、メインテナンスも簡単です。

【価格】歯の欠損の状態によって異なります。詳細はお問い合わせください

マグネットデンチャー

バネを使わず磁石で固定する入れ歯です。残っている歯根に磁性金属を、入れ歯に磁石を埋め込み磁力で固定します。安定感がありしっかり咬むことができ、異物感もありません。歯根が丈夫であれば適用可能です。

【価格】80,000円(マグネット)(税抜)+入れ歯代(使用する入れ歯によって価格は変わります)

入れ歯のメリット・デメリット

メリット
  • インプラントのように外科手術が不要。
  • 保険適用の入れ歯の場合、安価に作れる。
  • 保険適用の入れ歯の場合、治療期間が短い。
  • 比較的修理・調整がしやすい。
  • ブリッジのように歯を削らずに済む。
デメリット
  • 部分入れ歯の場合、金属のバネがあると周囲の歯に負担をかける。
  • 入れ歯の種類により硬い物が咬みにくいことがある。
  • 装着直後は違和感があったり発音がしづらかったりする。
  • 入れ歯であることを気づかれてしまうことがある。
  • コンプレックスを感じやすい。