インプラント|市原市辰巳台のクニモト歯科

インプラント

インプラントをどこでやったらいいか選べない人に!

虫歯や歯周病、事故やケガなどで歯を失ってしまった方に、歯の機能を補う方法としてご提案しているのが「インプラント治療」です。補綴治療としてとてもポピュラーである入れ歯やブリッジと比較して審美性と機能性に優れていることから、近年多くの方がインプラントを選んでいます。

  • 東京で安いところを見つけてインプラントをやったけど、どうも調子が悪い。
  • 手術当日行ったら初めて会う医者が手術をやるとのこと。勧めてきた医者にはいろいろ相談したのに何だったのか?
  • 自分の口の中のことを知らない人が処置したのではじめの話と変わってしまった。

など、インプラントに関するご相談を最近受けますが後々のアフターフォローも含め十分にインプラント治療を行ううえで、どこでインプラントをしたら良いかご検討をしてください。

当クニモト歯科でははじめの現状から本当にインプラントが必要か診断する医者も手術を行う医者も、その後、長くメインテナンスを診ていく医者も同じです。

市原市辰巳台の歯医者「クニモト歯科」では、歯科用CTをはじめ先端医療機器を駆使し、安全・安心のインプラント治療を実現しています。歯を失ってお困りの方は一度当院までご相談ください。

インプラントとは?

インプラント治療とは、身体にやさしいチタン製の人工歯根を顎の骨の中に直接埋め込み、その上部に人工歯を被せ、歯の機能を回復させる方法です。人工歯根は顎の骨としっかり結合するため天然歯と同じような自然な咬み心地が得られます。

また、人工歯は精巧にできているため見た目がとても自然で、どの歯がインプラントなのか気付かれることはありません。

当院のインプラント治療の考え方

どうしても抜かなくては
いけない歯にインプラント治療を
どうしても抜かなくてはいけない歯にインプラント治療を

ある時「歯を抜いてインプラントにしましょうとすすめられた」という方が来院されました。まだ残っている歯を安易に抜歯しインプラントを入れるというのはいかがなものでしょうか。

当院では天然歯を少しでも長く持たせることを一番に考え、安易なインプラント治療はおすすめしません。どうしても抜かなくてはいけない歯の場合に、インプラント治療を検討していきます。

なによりも安全な
インプラント治療を
なによりも安全なインプラント治療を

「インプラント治療を受けて以前よりも状態が悪くなった」という話をよく聞きます。リスクを考えず治療を行った医院が、患者様に大きな負担を強いてしまうケースがあるようです。

インプラント治療はどんな医師でもできる簡単な治療ではありません。豊富な症例実績を持つ医師が在籍し、歯科用CTなど設備が整備されている医院を選ぶべきです。当院はCTをはじめ先端医療機器を完備し、高精度のインプラント治療を実現しています。

口腔内全体を考慮した
インプラント治療
口腔内全体を考慮したインプラント治療

近年数多くの医院がインプラント治療に取り組んでいますが、どの医院に相談すればいいのでしょう――。

答えは、口腔内全体について相談できるかかりつけ医です。
インプラント治療最優先の医院は治療内容がインプラント治療に偏る傾向がありそうです。先に挙げた内容に重なります。。口腔内すべてを総合的に診てくれるかかりつけ医なら、口腔内全体に最適なインプラント治療を提案することができるでしょう。

当院で使用する機材

当院では以下の先端医療機器を駆使して、高精度のインプラント治療を実現しています。

歯科用CT

術前に歯科用CTを使用して顎の骨の厚みや量、骨質を確認し、インプラント治療が可能かどうかを診断します。

心電図

ご高齢の患者様や成人病を患っている患者様の場合、健康状態をモニタリングしながらインプラント治療を進めるため、血圧・心拍数の状態を常に確認できるよう心電図を必ず使用しています。

ピエゾサージェリー

人工歯根を埋入する際に用いる手術器具です。3次元超音波振動を利用し、切削部分をコントロールしています。最小限の骨だけを切削し、神経や血管などを傷付けずに治療できます。

インプラントとほかの治療の比較

失った歯の治療には、インプラントのほかにもいくつかの治療法があります。それらを比較してみましょう。

入れ歯

メリット
  • 治療期間が短い
  • 手術の必要がない
  • 保険適用の物もあり経済的
  • 取り外しができ、自分でメインテナンスが楽にできる
デメリット
  • 発音がしづらい時がある
  • 咬みにくい場合がある
  • しっかり合っていないと痛みをともなう
  • 素材によっては入れ歯だと気付かれる
ブリッジ

メリット
  • 自然な見た目で違和感が少ない
  • 保険適用の物もあり経済的
  • 咬み心地は天然歯とほとんど変わらない
デメリット
  • 支えの歯を削る必要がある
  • 支えの歯に対する負担が大きい
  • 素材によっては見た目が劣る
インプラント

メリット
  • 自然な見た目で違和感がない
  • 咬み心地が天然歯と変わらない
  • 周囲の歯に負担をかけない
デメリット
  • 手術が必要となる
  • 保険適用外で治療費が高額
  • 全身疾患があるなど体調がよくないと治療できない場合がある
  • 治療期間が長い

症例紹介

ケース1

ケース2

「この機会に徹底的に治したい」とご来院。「かなりの金額になりましたが、虫歯治療と並行してインプラント治療を進められたので、早くしっかり咬めるようになり大満足です」とのこと。現在、術後のメインテナンス中です。

ケース3

下の奥歯を抜いたまま放置していたケース。1本分の入れ歯(取り外し式)は使いにくいとのことで、固定性のインプラント治療を患者様は選択されました。

ケース4

上顎の骨が薄い場合は、足りない分の骨を作る対応をしたうえでインプラントの埋入を行います。また、インプラント手術では十分な診査・診断を行わないと医療事故につながる危険があります。そのため、当院では術前にCT診査を必須としています。おかげさまで、2~3mmしかない骨幅にも対応できました。

ケース5

患者様の歯は4本しかなく入れ歯も使いにくい状態でした。インプラントの治療計画において骨の条件、難易度や期間はもちろん、気になる費用も十分に患者様とご相談しました。上下にインプラントを利用して、今では何でも咬めるようになっています。下顎の入れ歯をやめてすべてインプラントにし、総入れ歯だった上顎には磁石を利用したインプラントに。入れ歯の装着感が飛躍的に上がり、費用も抑えることができました。

ケース6

「咬み合わせがガタガタで、この際しっかり治したい」とのことでご来院。実際、前の入れ歯は本来の咬む位置からかなりズレていました。長年無理をして使っていたようです。まず診査・診断を行い本来の咬む位置を調べ、仮歯を日常的に咬んでもらい歯の経過を観察。1本ずつ虫歯を治すこととインプラント手術を並行して行い、できるだけ治療期間の短縮に努めました。

インプラントにて咬む位置も適正に戻り、しっかり咬めるのはもちろん顔の雰囲気も来院当初よりずっと若返って見えるようになりました。今は現状の歯を永く保つためのメインテナンスに通っていただいています。

ケース7 抜歯即時埋入インプラント

「歯ぐきが腫れた」とのことで来院されました。歯の根の部分が割れてひびが入っていることが原因でした。隣の歯が健康なので従来の削って治すブリッジはおすすめしないことを伝え、インプラントを検討していただきました。方法や金額、将来性などを検討していただいた結果、説明を受けたインプラントを了承していただき、抜歯と同時にインプラントの埋入を行いました。